「レザージャケット」いつまで?秋冬だけ?それは大損!各地の気温を元に徹底解説

レザーウエア大学
この記事は約13分で読めます。
nobsmile
nobsmile

こんにちは、nobsmileです。

レザーっていつまで着られるの?

そんな質問をよくいただきます。

 

 

お悩みちゃん
お悩みちゃん

レザーと言えば冬のイメージ

だけどヨーロッパではいつも

着てる感じもするし…

 

ふわっとしているウールやサラリとした麻と違いレザーには季節がありません。

 

着丈・色・デザインによっても異なりますが、風が冷たいと感じたらいつでも着ることができます。

 

「季節」ではなく「気温」「体感温度」で使うことができるのがレザーの良いところ。

 

 

「東京」で言えば10月から4月下旬ぐらいまではとても便利に着ることができます。

 

 

日本は南北に長い国ですから地域によって気温がことなります。

 

 

このブログでは

 

レザーの着る時期がわからない

 

季節外れにレザーを着るのが恥ずかしい

 

 

 

そんな方に向けて「札幌・仙台・東京・大阪・福岡」の5都市の「9月~5月」の月別平均気温を元に

 

レザーを着用するのに適しているか、またどんな着こなしがいいのか、を解説したいと思います。

 

 

  • これを書いている私
  • 22歳から57歳の現在に至るまで35年間レザーの仕事をしてきています。商品開発・営業・販売まで様々。
  • 現在は全国の大手百貨店で展開。レザーマイスターとして全国の百貨店からお声がかかり多くのお客様にご紹介しています。ファッションの現場にいますのでトレンドも頭に入っています。
  • レザーウエアの知識や経験においては日本でもトップクラスだと思います。
  • [レザーの商品開発]と[レザー専門の販売]どちらかだけ、という方はいるかもしれませんが、両方の業務に30年以上携わっている人はまずいないので。
  • 今のレザーは過去の古いイメージと真逆で本当に便利
  • なぜ便利なのか」専門の私がレザーウエアの魅力を余すことなくご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

nobsmile
nobsmile

今回はコートではなくてジャケットに

絞って書いていきますね。

 

「レザージャケット」いつまで?秋冬だけ?それは大損!!!!!

 

秋冬しかレザーを使っていないなら、大損しています。

 

なぜならレザージャケットには季節がなく気温によっては8月でも着られるから。

 

先入観でレザーの季節を決めてしまうと使える日が沢山あるのに使わない…

 

 

実にもったいないのです

 

 

 

 

「レザージャケット」いつまで?【レザーには季節がないから3シーズンOK】

 

皮革の表革はツルりとしているので季節を連想させません

 

ウールやビロードといったサーフェイスだと秋とか冬を連想させますよね。

 

生地はどうしても季節性が出てしまうのです。

 

 

 

更にレザージャケットだと着丈が短いのでどのような色でもシーズンを問わず使えるのです。

 

レザーの最大の特長『風を通さない』←これが大きなポイントです。

 

他に完全に風を通さない素材はビニールぐらいしかありません。

 

『風を通さない』を念頭におくとレザーの季節や着方を迷わずに済みます。

 

 

 

りんちゃん
りんちゃん

『風を通さない』

確かにレザーはそうだわ。

覚えておかなくちゃ♪

 

 

「レザージャケット」いつまで?具体的に季節を区切って解説します

 

 

レザー着用の目安は21度を切るような日。

 

もしくは朝晩が冷える日なんです。

 

南北に長い日本。

「秋」と言っても月や地域より差があります。

 

 

具体的に各地の平均的な気温(最高/最低)を踏まえてみていきましょう。

 

データ提供元NOAA

「レザージャケット」いつまで? 秋【9月】【10月】【11月】

 

 

9月  東京27/20 仙台25/17 大阪29/21 福岡28/2 札幌22/13

 

 

残暑がまだ厳しい【9月】ですから汗だくの中で頑張って着る必要はありません(^^;

 

 

東京、大阪、福岡あたりはまだまだ暑いですね。

 

 

しかし9月になると地域によっては冷たい風が吹く日もあります。

 

 

まさに札幌仙台の朝晩は使えます。

 

夏が過ぎたばかりですから皮膚感覚的にも季節感が出過ぎるウール系は来たくない。

 

ナイロン等の化繊、麻っぽい羽織や綿のジャケットは少々寒いし秋冬に向かっていく時期としてはしっくりこない。

 

 

季節の変わり目服装が難しい。そんな時レザーは役に立ちます。

 

 

インナーは半袖のままか、七分ぐらいの軽いコーディネートでいいと思います。

 

 

風を通さず体温調整をしてくれます。

 

 

 

 

9-10月は軽めのジャケットが便利です。

 

パンチングレザーも人気急上昇

 

2020らしいコーディネートはこちらから

 

 

 

10月  東京22/15 仙台19/11 大阪23/15 福岡23/14 札幌16/7

 

 

【10月】に入ると随分と出番がかなりえてきます。

 

仙台・札幌はもちろんのこと、東京・大阪・福岡でも朝晩や日々の寒暖差もあるので「風を通さない

カーディガン感覚」で使うといいでしょう。

 

 

インナーは長袖の薄手のカットソー。薄手のニット

 

 

11月 東京17/9 仙台14/5 大阪18/9 福岡17/9 札幌8/1

 

 

【11月】は毎日大活躍しますね。さすがに気温的に札幌では寒いですが、大判ストールを巻いたりして軽く着用する方も多い。

 

余談ですが寒い地域の方はギリギリまだダウンを着ないですよね。寒さに強いみたい。

 

インナーは厚めのカットソーやニット。

 

 

ストールなどを持ち歩くと体温調整できて便利です。

 


こんな色のカシミヤ大判ストールをまとっても素敵ですよね。

「レザージャケット」いつまで? 冬【12月】【1月】【2月】

 

冬はレザージャケット1枚だと素材的にも丈としても寒いです。

 

 

しかし専門の人たちがいつもやっているレザージャケットの着こなし(裏技)があるのです。

 

 

12月 東京12/4 仙台8/0 大阪12/4 福岡12/4 札幌2/-5

1月 東京10/2 仙台5/-2 大阪9/2 福岡9/2 札幌-1/-8

2月 東京10/2 仙台6/-2 大阪10/2 福岡11/3 札幌0/-7

 

 

nobsmile
nobsmile

レザーの大きな特長

覚えてますか???

りんちゃん
りんちゃん

覚えてま~す!

風を通さない

ですよね♪

 

 

専門の人たちがやっている裏技コートの下にレザージャケットを着てしまうことなんです。

 

 

「コートの下にレザー着るなんて窮屈じゃない???」

って思うでしょ?

 

店頭で実際にお客様に提案すると皆さん一瞬固まり疑いの目でジロリ。

 

実際に上からコートを試してもらうと

 

「うっそ~着れちゃう」

 

と驚かれます。

 

 

コートの下にレザーを着ると温かいのでインナーが薄手のもので済むのです。

 

「風を通さない」「体温を守る」=厚手のセーターや沢山の重ね着がいらない。

 

レザーを加えた薄着の重ね着=肩こり軽減、軽くて快適

 

そしてレザージャケットを含めて薄い洋服はかさばらない。

 

 

外の寒さ、室内の暖房と脱ぎ着で体温の微調整が可能

なのです。

 

 

レザージャケット、たたむとこんなに小さくなります。

 

ロングコートでもBagに入っちゃう。

 

 

 

これはレザーコートだけどジャケットならもっと小さくなるんです♪

 

冬の寒い日の裏ワザレザージャケットをインナーにしてしまうとびっくりするほど温かい

「レザージャケット」いつまで? 春【3月】【4月】【5月】

 

 

レザーシーズン終了~と思いきや、実は実はここからが最も便利と言える時期。

 

春は気温をみてもわかるように意外に寒いんです。

 

 

3月 東京14/5 仙台9/0 大阪14/5 福岡14/6 札幌4/-4

 

【3月】は桜の開花の話題など、気分は春なんです。

 

しかーし、この気温、見てください。

 

東京・大阪・福岡でも最低気温は5-6度。

 

気分は春ではあるけれど生地の春物なんて寒くて着られません。

 

インナーにきれいな色を入れると春らしくなります。ストールはあった方がいいですね。

 

3月はまだ寒いのでカシミヤ素材のエアリーなストールだと見た目は軽くて暖かいので素材を検討してみるといいと思います。

 

 

4月 東京19/10 仙台15/5 大阪20/11 福岡19/11 札幌12/3

 

【4月】は過去にも東京で雪が降ったことがあるぐらい、実は想像するより寒いのです。

 

しかも空気が感想しているので体感としても寒い。

 

しかし薄手であっても色か明るかったとしてもダウンは季節的に着れません。

 

スプリングコートならば中にセーターを着ないとやっぱり寒い。

 

この平均気温を見れば春はもっともレザージャケットが便利だということがよくわかりますよね。

 

 

 

レザー×ふんわり素材の組み合わせも素敵です。

5月 東京23/15 仙台20/11 大阪25/15 福岡24/15 札幌18/8

 

 

【5月】もゴールデンウィークは4月との間ぐらいで推移しますからレザーはとても役に立ちます。

 

 

東京・大阪・福岡は気温の高い日も増えてきますので使う頻度は下がりますが仙台や札幌ではまだまだ羽織るジャケットが必要です。

 

 

寒暖差があるのも5月の特長

 

 

5月下旬で最高気温15度(東京)なんていう日もありますのでこの時期まではレザーは重宝なのです。

 

 

 

 

こんな色のラムレザーもきれい。レザーはハードだわ、と思っている方にもぴったり。

 

 

大結論 レザーは9月中旬あたりから5月中旬まで【約8ヶ月】使える

 

 

冒頭にお伝えしたように、レザージャケットは季節ではなく、21度を切ったあとぐらいから快適に着用できます。

 

全国の平均気温から分析しても9月中旬あたりから5月中旬まで約8ヶ月

 

1年の中でもこんなに長く着用可能な素材って実は他には無いんです。

 

 

つまりレザージャケット(コート)は季節だけ考えても1着なのに3着分以上に使えるのです。

 

 

おまけ こんな経験をしました

 

 

数年前、8月下旬旭川出張がありました。東京は36度の酷暑。

 

まさか、とは思いながらも念のためスーツケースにレザージャケットを入れておいたのです。

 

そしたらびっくりするほど寒い朝と遭遇。

 

レザージャケットのおかげで寒い思いをせずにすみました。

(でもウールとかダウンだとトンチンカンだったかな)

 

 

ただ、靴が夏のものだったので足がスースーでしたけど…(^^;

 

この事実を見てみてもレザーには季節がないのがわかりますよね。

 

ヨーロッパだと朝晩レザージャケットを着ているひとすごく多いですしね。

 

 

最後はちょっとだけ宣伝

 

 

JHA-JHA Tokyo By Nobuko

 

ラムレザーを中心に扱っています。

 

超軽量素材で雨の日も着られるし撥水。

 

 

軽くてお手入れがまったくいりません

 

 

宣伝ばかりだと嫌らしいのでブログとともに少しずつご紹介していきますね。

 

今回は「レザージャケット」がいつまで着られるか、について解説しました。

 

 

こんな記事も参考になりますのでよければ目を通してみてくださいね。

 

ラムレザーのシワはアイロンできれいに!低中温でスチームは絶対NG
ラムレザーは4つのポイントさえおさえれば失敗せずにアイロンがかけられます。表からあて布をしてスチームなし。低温~中温で押しがけ。レザーのプロが丁寧に解説していますので気になる方は参考にしてみてください。
ラムレザーのお手入れは?【結論】放置でOK!クリーニングやオイルの塗りすぎ厳禁!
レザーはお手入れが大変、と思っている方がまだまだ多いですが、それは30年前の話です。レザーマイスターの私がお手入れを一切せず、シーズン中は毎日着用し何年も着たおしています。つまり通常のラムレザージャケットやコートはお手入れはいりません。しかし一部のレザーはお手入れが必要です。レザー専門の私が細かく解説します。
ラムレザーの寿命はお手入れより選び方!ポイントはたった5つ業界34年のプロが解説|裏側もプチ暴露 
レザーは長く使えることはわかっているけれど、実際ラムレザーの寿命はどのくらいと聞かれます。5年でダメになる場合もあるし15年持つ場合もある。お手入れが重要という情報で溢れているけれど、その前に選び方が重要。業界34年のプロが長く着用するための大事なポイント5つを徹底解説します。裏側をプチ暴露つき。
ラムレザー|伸びる部分は1箇所だけ!サイズ選びを失敗しないために業界34年のプロが解説
ラムレザーは柔らかくでしなやか。牛革などに比べ伸びる「なじむ」素材です。可動域に合わせ緩みが出てカラダにフィットします。ラムレザーの大きな特徴。このブログではアイテムごとにどこが伸びるのか、それを踏まえたサイズ選び、またお手入れ等レザー業界34年のプロが詳しく解説します。
タイトルとURLをコピーしました