老眼で読書がつらい!Amazonオーディブルをオススメする5つの理由

健康で美しく
この記事は約12分で読めます。
nobsmile
nobsmile

こんにちは、nobsmileです

バリバリ老眼です。

視力が良かったので物を見ることで

こんなに苦労するとは思いませんでした。

読書も億劫に。そんな皆さんに朗報です

 

このブログはこんな人に向けて書いています

  • 老眼で本を読むのが億劫になっている
  • 夜のゆったりタイムに間接照明の落ち着いた雰囲気の中読書をしたいのに老眼で文字がみえない
  • 忙しくて本を読む時間が確保しにくい
  • 文字が読みにくく読書をすると疲れる
  • 読書そのものが苦手
  • 読書の習慣がない
  • 荷物は少なくしたい主義

 

 

nobsmile
nobsmile

残念ながら半分ぐらい

当てはまっています(^_^;)

 

【老眼】

40代半ばになってくると「なんか文字が見にくいな」と感じるようになり50歳までにはメガネが必要に。

残念ながら老眼は加速するんです。

私、40歳ぐらいから老眼がはじまり結構進んでまして

紙面までの距離がどうの、というレベルはとっくに過ぎてしまいました(^^;

しかし本は読む気満々ですが本当に疲れるんです。

 

 

良い方法がないかと模索していたときに出会ったのかAmazonオーディブルでした。

Amazonオーディブルは「聴く本」

そうなんです。本を読んでくれるのです。

読書といえば紙の本を一枚一枚めくり行間を読み取りながら進めていくもの。

ですよね、ですよね。

魅力もわかってるんですが、辛いんです、見えないしチカチカするし。

苦痛になっちゃうんです。

苦痛の中読書をしたり、逆に読書から離れるぐらいなら、目の衰えをカバーしてくれるツールを使えばよいのです。簡単な話。

 

読書はこうあるべき、という先入観にとらわれがちな50代。

変化に対応し、色々と試すと知らない世界に出会えます。

「目がつらい、忙しくて時間がとりにくい」

そんな方はAmazonオーディブル、迷わず使ってください。

1ヶ月は無料ですので。

 

老眼で読書がつらい!Amazonオーディブルをオススメする5つの理由

 

Amazonオーディブルの特徴

  • ナレーターが本を読んでくれる(PC・タブレット・スマホでOK)
  • 40万冊以上のビジネス書や小説が揃っている
  • 月額1500円(30日間無料体験あり) 1コイン進呈されるのでどんな高い本でも月に1冊は必ず読めるシステム
  • 本は買い切り。繰り返し読める
  • 退会はいつでもOK 手続き簡単
  • 少し聞いてビミョーなら本を返品することができる(1年間まで)
  • 倍速再生(0.5~3.5倍速まで設定可)ができるので時短になる

 

それではAmazonオーディブルを実際に使うとどんなメリットをもたらすのか説明してまいりましょう。

老眼で読書がつらい!Amazonオーディブルの5つのメリット

①老眼や目に負担がかかる人でもラクに読書(聴書)ができる

老眼は文字に焦点を合わせていくので目が疲れますよね

すこし暗くなると途端に文字がみえにくくなる

夜ゆったりしながら間接照明の中で読書なんて素敵……ところが残念ながら字が見えない

 

疲れたり見えにくいと読書が億劫になります

本好きの方からもそのようなお話を聞いたことがあります

しかしオーディブルは耳さえあれば本を聴けます

この50代以上にとってとてもありがたいシステムなんです。

しかも老眼は日々進むんですよね、残念ながら。

1年後はもっとみえにくくなっているんです……【悲報】

 

Amazonオーディブルなら目を酷使することなく読書(聴書)ができるんです。

老眼の方にかぎりません。

乱視や両目の視力に差がある方などなど、目を酷使したくない人も本を楽しめる。

素晴らしいですよね。

 

②これまでと同じ生活の中から読書(聴書)の時間を作りだすことができる

Amazonオーディブルは【目と手が空く】のです。

 

失っていた時間を読書(聴書)に充てられるということ。

通勤中・移動中・洗濯物を畳んでいる間・食事を作っている間・掃除中・ペットのお散歩中・買い物中・運転中・通勤中・ランニング中

 

Amazonオーディブルは手が塞がっているときにも読書ができる♪

 

そして老眼の人は座って読書する前に、メガネをかける、というワンアクションが加わるのです。

意外にこのワンアクションも億劫にさせるひとつなのです。

「スマホも操作があるでしょ?」

ありますが、アプリを開いてポチッ

スマホの操作こそ日常なのでLINEなどとなんら変わりはありません。

 

Amazonオーディブルは耳が空いていればいつでも本を楽しめる♪

満員電車の通勤、家事、ペットちゃんとの散歩、お孫さんとのベビーカー散歩、ランニング

この隙間時間を積み上げていくと結構な読書(聴書)タイムになり、より効率よく過ごすことができるわけです。

 

私はバス停の待ち時間に聴くことが多い。

バスが来ないなぁなんていうイライラからも解放されています。←雨のバス停も最高。

 

お勤めの方の平均通勤時間は1時間10分~1時間15分だそうです。

満員電車の辛い時間も本を楽しめると思うと嬉しいですよね。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス←1ヶ月体験無料

③老化防止

現代の社会人の勉強時間は1日6分だそうです。

世界の社会人の中でもダントツに低い

 

皆さんはどうですか?勉強してますか?

一定の年齢になると今の生活に満足してしまいがち

そして年齢とともに新規の方との接触も少なくなります

それはそれでいいんです。ここまで十分がんばってきたわけですから。

問題は新しい情報をインプットしないでいること。

必ずしも新しくなくていいんです。知らなかったことこれまで経験がなかったことが正解かもしれません。

新しいこと、知らなかったこと、経験がなかったことに飛び込むと頭がショートしませんか?

 

 

ショートするのが早くなる=老化が進行している 【悲報】

 

脳トレなどでも言われていることですが「頭がイーーーーっとなる」これこそ脳を活性化させることなのです。

いまさら新しいことなんて、という人ならば読書でインプットするしかありません。

しかし眼精疲労など苦痛を伴うのであれば続きません

何度も言うようですが、目のつらさをカバーしてくれるAmazonオーディブル力を貸してもらえばいいんです。

 

はじめ老眼鏡を作るのに抵抗がありましたよね?

使ってしまえば「早く作ればよかった」「もうメガネなしの生活は考えられない」そういうことと同じ。

 

嫌らしいいい方ですが、できる部分については老化はお金で解決すればいい、そういうことなんです。

 

この読書(聴書)こそ学びの時間です。

学生時代の勉強より今の勉強の方が格段に楽しい。

勉強1日6分?なんてもったいない。

 

まだまだ吸収できる50代。

たくさん勉強したいところです。ラクにね。

 

③本を持たないのですっきりと生活できる

本を家に溜めたくない

荷物はできるだけ少なくしたい

 

このような方は電子書籍かAmazonオーディブルがおすすめ。

ここでは老眼がテーマなのでAmazonオーディブルに関して説明しますね。

スマホ(操作は超かんたん)さえあればOKなので本が溜まることもないし、他のデバイスを持ち歩く必要がありません

 

たまに繰り返し読みたい本があります。

本はそのために家に保管しますが、オーディブルは何度も聴くことができる上に読みたいときにスマホを操作すればどこでも聴くことが可能。

家に本が溜まらずに済むのです。

 

ちなみに

人は20分後に42%を忘れてしまう

(ドイツの心理学者ヘルマン・デビングハウスの忘却曲線より)

私はもっと忘れていると思いますが(^^;

ためになるなぁと思う本は何度も読み返すと定着するので繰り返し読める、というのも魅力です。

 

④好きなスピードで聞くことができる

朗読の速度は若干ゆっくりな感じです。

再生速度を調節できるのでスピードを上げれば早く読了(聴了)できるので時短になります。

本をゆっくり味わいたい方はゆったりとしたスピードで。

明後日の会議までに急いで読んでおきたい方は1.8倍などスピードアップをすると時短になります。

それぞれの事情に合わせて調整することができるのもメリットです。

 

 

今聞いているのは前田裕二氏の「人生の勝算」

全6章あるのですが通勤の片道だけで3章の途中に入ってます。

通常のスピードの1.3倍ぐらいにして聞いています。

ナレーターの声も違和感なく聞きやすい。

きっとすぐに読み(聴き)終えちゃいますね。

☆追記 隙間時間を使い2日で読了

⑤洋書は英語のリスニングに使える なるほど~

オーディブルは元になっている本があるのでその本をザッと読んだ後にオーディブルを聴く。

これを積み重ねるとリスニング力がついてきます。

スピード調整が可能なのでそれぞれの力に合わせ再生速度を設定すればいいのです。

また何度も聴くことができるので繰り返し練習し本で答え合わせができるというわけです。

毎日取り組めば力がつくこと間違いなしです

塾などに通うよりお得ですよね

 

高音質・耳が痛くなりにくい・片耳4g・生活防水・ペアリング初回のみ

楽天評価4.6

家事をしているときは端末と離れて作業できるのでワイヤレスがいいですよね。

 

朗読はメジャーな方も担当されているようで「ベネディクト・カンバーバッチ氏」「スティーブン・フライ氏」「クリストファー・リー氏」「アンソニー・クエイル氏」「スカーレット・ヨハンソン」などなど

また作品も「くまのプーさん」や「不思議の国のアリス」「オリエント急行殺人事件」「ナイルに死す」

「ジョブズの伝記」など

色々なカテゴリーが揃っています

これもまた別の楽しみがありますね。

英語はダメダメな私だけど聞いてみたくなりました。

 

 

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

Amazonオーディブルのデメリット

①文調が分かりにくい

読み上げだと改行や太字や「」 ”” などがわからないので文調がわかりにくい部分があります。

耳で聴く読書(聴書)に慣れてくるとあまり気にならなくなってきますのでオーディブルのメリットとのバランスで考えてみてください。

②ボイスブックの価格が高い

 

毎月に1500円かかるのですが、それと引き換えに1コイン付与されるのでどんな価格のものでも1冊は読むことかができます。

3000円の本でももちろんOK

 

さらに読みたい方はボイスブックを購入します

とてもお安い作品もありますが、人気の作品だと通常の本の2-3倍します。

やっぱり高い。そこがネックですね。

朗読力のある人をおさえ、数日かけて録音しますから同然その費用は価格に乗ってきます。

そこは仕方のないところ。

 

【追記】

キャンペーンがありました。

1冊750円。3冊まとめて購入してストックしています。

 

 

せっかく1ヶ月は無料で利用できるので、こんなものか、と検証してみる価値はありそうです。

本を読んでみて、自分には合わないと思えばポチッと退会すればいいだけのことですので。

50代は新しいことにスッと入れない年代でもあります。

「見えない」自慢をする前に「やってみる」

これが若く居続けるための秘訣かもしれませんね。

 

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

③オーディブルだと本に囲まれて過ごせない

本に囲まれていると安心する

本に囲まれた生活に憧れる

本の匂いが好き

 

そういった方だと楽しみが半減しますよね

本を持たないわけですから。

そこはそれぞれのお好みになります。

 

しかしオーディブルじゃないとできないこともあります

 

1ヶ月無料体験をして使い分けをしてみるのも悪くないかなと思います。

例えば好きな小説は本で購入。

ビジネス書やトレンド性の高い本はオーディブル、とか。

 

食わず嫌いはもったいない。

いずれにしても1ヶ月は無料なので冷やかしで使ってみるのもいいと思います。

 

特に本好きの方ならより良し悪しがわかりますものね。

ぜひ試してみてください。

 

Amazonオーディブルのまとめ

  • これまでの生活のままで読書(聴書)の時間を捻出できるすぐれもの
  • 老眼やその他の理由で目を酷使するのがつらい人でも本を楽しめる
  • 本を所有することがなくなるので家の中がすっきりする
  • 本を持ち歩かなくて済む
  • 語学のリスニングの訓練ができる
  • 再生速度を変えられるので時短ができる

 

などメリットがいっぱいです。
価格面ではちょい高い、というデメリットもあります(個人の感想です)
しかし知らない世界ならば食わず嫌いはもったいない。
1ヶ月は無料で体験できるので覗いてみるのも見聞を広げるのはいいチャンスです。
老眼世代はとかく新しいことに対し敬遠しがち
頭固くなってますからね、私を含めて。
私たちの目は段々老眼が進みますから先々の参考にしてもいいし、こんな世界もあるのかぁだけでもいいので覗いてみてください。
ここをポチッとするだけ(^_-)  ↓↓↓

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

 

なかなか面白いサービスです。

タイトルとURLをコピーしました